ハンドドリップ初心者への
ドリッパー紹介
KINTO SCS ブリューワー 2cups

KINTO SCS ブリューワー 2cups

あなただけのコーヒーがみつかる喫茶店 KISSA ZEROICHIです。

本記事は、はじめてハンドドリップに挑戦される方へわかりやすく、KINTO SCS ブリューワー 2cupsを紹介します。

KINTO SCS ブリューワー 2cupsはこれからハンドドリップに挑戦する方へ、おすすめのドリッパーです。

薄くて飲みやすいコーヒーを安定して淹れることができます。

味わいと使用感の評価

味わい:薄い

とても薄い
味わい
とても濃い

使用感の総合評価:使用感の総合評価

はじめての方におすすめのドリッパーです。

使いやすさ
使いやすさの評価
片付けやすさ
片付けやすさの評価
扱いやすさ
扱いやすさ評価
お手頃感
お手頃感の評価
味の安定
味の安定の評価

各項目の評価基準については、以下のリンクをご参照ください。

ハンドドリップ初心者向けドリッパー使用感の評価基準

味わい

しっかりとした味わいのコーヒーを手軽に淹れることができます。

使いやすさ

使いやすさは使いやすさ4。

難しいテクニック抜きでコーヒーを淹れることができます。

抽出のステップは4つ。

  1. ペーパーフィルターをセット
  2. 湯通し
  3. コーヒー粉を投入
  4. お湯を投入(複数回)

片付けやすさ

片付けやすさは片付けやすさ5。

あっという間に片付けが終わります。

コーヒーがらは、ペーパーフィルターごとゴミ箱へ。あとはドリッパーを水洗いすれば片付け完了です。

扱いやすさ

扱いやすさは扱いやすさ5。

取り扱いにまったく困らないです。

樹脂製なので、落としても簡単に割れません。臭い移りもほとんどないので、保管に気を使わないです。

お手頃感

お手頃感はお手頃感4。

1年間のコストは約2893円、ペーパードリップの中では少し高めですが、お手頃なドリッパーです。

メーカー価格(税込)

本体
550円
フィルター
385円(60枚)

フィルターは、SCS コットンペーパーフィルター 2cups 60枚で計算しています。

1回あたり、385円÷60枚≒6.4167円。

1年(365日)、1日1杯の場合のランニングコストは、365日×6.4167円=2342.0955円。

本体価格とランニングコストを足すと、550円+2342.0955円≒2893円。

味の安定

味の安定は味の安定4。

お湯を注ぐスピードの影響は受けるものの、抽出口のサイズが大きくリブの長さもあるので、すっきりめの味わいで落ち着きます。

濃い味わいを好まれる方は、他のドリッパーを使用するか、コーヒー粉を細挽きにすることをおすすめします

ポイント

すっきりとしたコーヒーを好まれる方であれば、一番におすすめできるドリッパーです。

市場価格

Amazon、楽天市場の価格(税込)です。(2020年5月10日現在)

Amazon
1080円(540円+送料540円)
楽天市場
1050円(550円+送料500円)

スペック

ドリップの種類
ペーパー
形状
円すい形
型番
-
サイズ
W95×D110×H70mm
容量
1-2杯用
重さ
65g
材質
AS樹脂

メーカー公式サイト KINTO SCS ブリューワー 2cups プラスチック

KINTO SCS ブリューワー 2cupsの大きな特徴は、大きな抽出口です。

多種多様なペーパードリッパーの中でも、抽出口のサイズが大きい部類に入ります。長いリブと相まってすっきりとしたコーヒーの抽出に適しています。

まとめ

はじめてハンドドリップへ挑戦される方向けに、KINTO SCS ブリューワー 2cupsを紹介しました。

すっきりとしたコーヒーを味わいたい方へおすすめです。

KISSA ZEROICHIでは、気になるドリッパーがあればお試しいただけます。購入前に試してみたい方は、ぜひ一度KISSA ZEROICHIにご来店いただけると幸いです。

ハンドドリップで淹れたコーヒーで素敵なコーヒーライフを楽しみましょう。

Contact

お問い合わせフォーム

Access

[電車]近鉄大阪線/近鉄八尾駅 徒歩4分(300m)

[車]近畿自動車道名古屋・大阪線 八尾IC 6分(2.3km)

[路線バス]近鉄バス 八尾線 近鉄八尾駅前 徒歩4分(310m)